2010年01月25日

<人事院>事務総長に吉田氏が就任へ(毎日新聞)

 人事院は17日、出合均事務総長が18日付で退任し、後任に吉田耕三給与局長を充てる人事を発表した。

 【略歴】吉田 耕三氏(よしだ・こうぞう)74年名古屋大法卒。人事院職員福祉局長、給与局長。東京都出身。59歳。

【悠々往来 ローカル線の旅】JR五能線(初冬編) 群青色の景色に雪煙(産経新聞)
FOMA障害、180万人影響(産経新聞)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審−仙台高裁(時事通信)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
posted by トヨタ カズユキ at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<外国人受け入れ>ポイント制で専門分野持つ人を優遇へ(毎日新聞)

 法相の私的懇談会「出入国管理政策懇談会」は19日、高度な専門知識や技術を持つ外国人を対象に、在留期間延長など入国の優遇措置を取るべきだとする報告書を千葉景子法相に提出した。来日のメリットを高めるのが狙い。法務省が近く策定する出入国管理基本計画に盛り込み、制度化する。

 報告書に盛り込まれたのは、学歴や収入、語学能力などを点数化し、一定の基準を超えた場合に入国の優遇措置を講じるポイント制度。研究実績などに応じて加点し、「高度人材」と認定されれば、出入国手続きの簡素化や最長の5年間の在留期間の付与などを検討すべきだとしている。

 受け入れを促進すべき人材としては、研究者などの学術研究分野、医師や弁護士などの高度専門・技術分野、企業経営者などの経営・管理分野を挙げた。ポイント制は、英国や豪州、カナダなどで導入されている。

 報告書はまた、歯科医や看護師など、医療の国家資格を持つ外国人に設けられている4〜7年の就労年数も、医師と同様に撤廃するよう提言した。【石川淳一】

聴取への対応「小沢氏の判断」=首相(時事通信)
民家焼け跡から女性遺体=胸、背中に刺し傷−宮城(時事通信)
<振り込め詐欺>日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
<振り込め詐欺>09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
<低額宿泊所FIS>新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
posted by トヨタ カズユキ at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。