2010年04月17日

マンションにも弾痕=組幹部出入り、抗争警戒−福岡県警(時事通信)

 福岡県大牟田市の連続発砲事件で、県警大牟田署が12日、発砲音が聞こえたマンション2階の指定暴力団九州誠道会関係者名義の部屋を検証した結果、ベランダの壁や窓ガラスに弾痕が数カ所あったほか、室内から銃弾の一部とみられる金属片も数個発見された。この部屋には同会幹部が出入りしていたという。同会関係の別の民家からも弾痕が見つかっており、県警は暴力団同士の抗争の可能性もあるとみて警戒を強めている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
工藤会本部を捜索=ビル発砲、関与の疑い
西部ガス狙い連続発砲か=役員親族宅にも弾痕、けが人なし
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述

西部ガス狙う?福岡の雑居ビルに銃弾跡(読売新聞)
橋下知事「阪神高速料金改定に同意しない」(読売新聞)
<文化財保護法違反>30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(毎日新聞)
事務系副大臣を検討 仙石氏、次官廃止し官僚起用(産経新聞)
<新党>「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
posted by トヨタ カズユキ at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。